ディスクシリンダーから変えるだけでなく、補助錠も鍵開け防止に有効

部品が無駄にならないように業者に鍵の取り付けを依頼しよう

ディスクシリンダーから新しい鍵に変える場合は、なるべく業者に依頼しましょう。自身で行なうことも可能ですが、知識や技術がないと難しいです。

新しい鍵に変えるなら業者に依頼しよう

ホームセンターには鍵交換の部品が販売されています。鍵と鍵穴のセットなど必要な部品をうまく取り付けることができれば、自力での交換も不可能ではありません。しかし、鍵は種類により寸法が細かく分かれているので、うまく機能させるためには形状をしっかり把握することが必要です。作業を行なっても鍵がきちんと回らないということもよくあるので、プロの業者に任せた方が費用と時間の両方を抑えられるでしょう。

補助錠の取り付けも効果的

空き巣による鍵開けを防ぐなら補助錠を取り付けることも効果的です。玄関に取り付けてさらに防犯性を高めましょう。

補助錠もおすすめ

面付けタイプ
鍵本体を室内側にビスで固定し外側のシリンダーと挟み込むようにして固定します。デッドボルトが外から見えないため、バールなどで無理やり鍵開けされることを防げます。彫り込みタイプに比べて取り付け時間も短く費用も抑えられる点が特徴です。一般的に普及しているのが、こちらの補助錠になります。
彫り込みタイプ
錠本体を扉の中に埋め込むもので、チューブラータイプとケースロックタイプがあります。ケースロックタイプは寸法が細分化されているので、大方の扉に対応可能です。室内側の突起部分もサムターン(鍵のつまみ)だけにして、主施錠の垂直線上に設置できるので見た目もスッキリしています。

TOPボタン